GTM-MQFJ9H5
 

マーケティングに騙されるな! ノイズキャンセレーションの種類と違い

現在、通販ではカタログ情報だけでなく、不正リビューによって購入者に誤った理解を与えてしまう製品カタログが多く存在しています。 技術理解を行うことで、悪質なカタログから身を守る事が可能かと思います。

イヤホンやヘッドホンにてノイズキャンセレーションを前だしされたマーケティングが目立ちます。 この目線から、カタログに騙される事は防げるかもしれません。

cVc™ ノイズキャンセレーションとは

Clear Voice Captureの略となり、通話を行う際にマイクからの声に対して、ノイズの除去を行う技術となります。 この技術はQualcomm社が保有しており、CSR社チップ搭載のBluetoothチップに含まれております。 Bluetoothチップにソフトウェアライセンスが含まれいるため、低価格となります。 CSRチップは多くの製品に採用されています。 cVc™ノイズキャンセレーションは、現在は多くが採用されているため、大きな差別化になりません。

パッシブ ノイズキャンセレーションとは

インイヤー型もしくはオーバーイヤー型の両方となり、物理的な形状や素材にて外部のノイズを軽減させる事を指します。 ノイズアイソレーションも同じ内容です。 イヤホンの場合はシリコンより低反発素材でこの効果を高める事が可能です。 マイナス点は、水耳タイプの方には望ましくない。 また、耳は病気になりやすい箇所ですから、常に清潔に保つ必要があます。 汚れたら交換する消耗品扱いを推奨します。

New Bee 低反発イヤーチップ

ヘッドホンでは、イヤーマフ(内部のクッション)素材が高級な程望ましいです。 当方個人としては、日本ブリヂジストン製のイヤーマフが高品質と考えております。しかし、部品となるためメーカーは開示しません。カタログ判断するのは難しかもしれません。

パッシブノイズキャンセレーションを高めると、外からのノイズが入らないだけでなく、スピーカーからの音も逃げません。 低音ほど逃げやすいため、パッシブノイズキャンセレーションを高めると、低音が効いた深い音になります。 マイナス点ですが、イヤホンの場合は籠もりが少し発生してしまいます。 ヘッドホンのオーバーイヤー型の場合、イヤーマフ内の空気が逃げないので、貝を耳に当てるときに発生するゴーという音がされます。

アクティブノイズキャンセレーションとは

超小型マイクを左右にそれぞれ搭載し、外部のノイズを打ち消す音を発生し、打ち消す技術となります。 

デュアルマイク式アクティブノイズキャンセル

この技術は、外側(合計2つのマイク)のみ搭載は18dB-20dB程度のノイズキャンセレーション効果があり、デュアル(外と内の合計4つのマイク搭載)の場合は50%程度さらに上がります。 アクティブノイズキャンセルは、継続する低音に強い効果が発揮されます。 例えば、車、電車、飛行機。 家では換気扇や掃除機といったノイズに強いです。デュアル型は、パッシブノイズキャンセレーションでの内側のノイズを掻き消す事ができるため、最高レベルに到達します。