GTM-MQFJ9H5 イヤホンピース 低反発 (メモリーフォーム 形状記憶)の利点 欠点とは

イヤホンピース 低反発 の利点 欠点とは

August 14, 2018

今、低反発素材のイヤーピースが大人気です。

イヤーピースの基本的な目的とは (1) 音を逃さない (2) 音漏れ防止 (3) 落下防止となります。

 

ノイズアイソレーション

ノイズアイソレーションとは、音を遮断する事となります。同様な効果がある技術はノイズキャンセレーションです。 外からの音を遮断する事で、耳に入る音楽のノイズを減少させます。 ノイズが少ない状態を作る事で、綺麗な音が楽しめます。 ここで見落としがちなのが、遮音性が高いほど小さな音量でも音楽が楽しめます。

 

世界保健機構(WHO)から、若い世代における耳へのダメージが問題視されております。 

  • 世界で約4.66億人の方々が耳に患いを持ち、3400万人が子供となっています。

  • 2050年までに、この耳への患いを持つ方は9億人に増加すると予測されています。

  • 耳の問題は、誕生時の複雑な事情、病気などの影響、慢性的な影響、一部のドラッグ、大音量によるダメージや加齢による場合が考えられています。

  • その中で、若い世代の場合、60%は予防可能であると考えらえています。

  • 11億人もの若い世代(12歳から35歳)が耳への患いへのリスクがあるとされており、この原因は大きな音によるダメージと考えられています。

  • 耳への患いに対してかかる世界の年間費用は7.5億ドル(約780億円)に登るため、予防することは耳の患いだけでなく、個人の経済的負担を軽減させる重要な内容となります。

  • また、若い世代における耳へのダメージの原因は、クラブなどといった大音量で音がなっている場所や、大音量の音楽視聴が考えられており、裕福な国ほど若い世代の患いが増加されている事が問題視されています。

WHOは、音量とダメージの関係は以下とされております。

 上記のように、耳にダメージを与えないようにするには80dBかそれ以下で、音楽を楽しむ事が重要です。 音楽の音量は、周囲の音が大きいと聞こえないため、自然と音を大きくしてしまいます。街中の騒音は約78dBとなるため、これらの騒音を遮音する事が、非常に重要です。

 

 

低反発素材のイヤーピースは、耳栓と同じ役割を果たすため、高い遮音効果があり、これによって小さな音量でも音楽を楽しむ事ができます。

 

音を逃さない

ノイズアイソレーションは、イヤホンからの音を外に逃さない役割もあります。 

 

(1) 低音を逃さない

逃げやすい音は低音となります。低音が逃げた音は豊かさが減ります。遮音性が低い場合は、豊かな音楽を楽しめなくなります。

 

(2) 音漏れ防止

満員電車に乗る機会が多く、エチケットが重要である日本のカルチャーにおいて、音漏れ防止は社会的なマナーとしても重要となります。

 

音が少し籠る

 

音を逃さないため、反対に籠りも発生します。 人によっては気にならない程度の籠りですが、気になる方の場合は、耳の内側にもノイズキャンセルのマイクが搭載されデュアルマイク搭載型アクティブノイズキャンセル搭載ワイヤレスヘッドホンを推奨します。

 

圧迫感がある

シリコン製と違い、低反発素材のイヤーピースは密着する面積が非常に広くなります。 シリコン製より何倍も柔らかい素材となりますが、密着する面積の広さから圧迫感を感じる方もおります。圧迫感をひどく感じる場合は、シリコン製の方が望ましくなります。

 

汚れやすい / 老朽化しやすい

耳に密着する面積が広いため、耳穴にある耳垢が付着しやすくなります。耳垢タイプ が水っぽい方の場合は、イヤーピースは違和感を感じる方が多くなります。 イヤホンよりヘッドホンの方が望ましい場合があります。 ノイズキャンセル搭載ワイヤレスヘッドホンを、個人的には推奨します。 また、柔らかい素材のため、老朽化が早くなります。 低反発イヤーピースご利用される場合は、耳栓と同じように、汚れたら交換する感覚で交換する事が望ましいです。

 

イヤーピースは、音楽好きには最後の大事なパーツとなり、耳に密着する部分となります。 低反発イヤーピースを好む方が非常に増えておりますが、万人に対して望ましいというものでもありません。 恩恵も多くあるため、一度試されたい方は以下のパッケージから試される事を推奨します。

 

 

補足: 通販におけるカタログ乱立について

New Beeにおける国内正規販売店はセンスアビリティとなり、日本国内商標権を保有しております。 しかし、アマゾン内にて中国人によるカタログ乱立がされており、取締りがされておりません。 これら中国人が作成しているカタログは、全くことなる第三者のバーコードが不正利用されており、この不正登録によって別製品と考えられている背景があります。 Amazon米国では、不正なバーコード利用は出品停止とするポリシーが2016年に制定されておりますが、アマゾン日本では不正バーコードによる取締りがされていない問題から発生しております。

 

Please reload

特集記事

補聴器と集音器の違い|ヒアラブルやワイヤレス化とは

July 18, 2018

1/2
Please reload

最新記事