GTM-MQFJ9H5
 

さらに悪化した障害 | アマゾン |障害 | New Bee ウルトラソフトイヤーピース

本日、いつものように検索が悪化する障害が発生した。

イヤーピースと検索すると、アプリで1ページ目、ウェブでは10番目に表示されていた。

朝10時35分から、リロードするたびに表示順位がどんどん下り始めた。 1ページ目の元の場所に表示されたり、2ページ目に表示されたりという変な挙動が10分程度続いた結果、最終的に2ページ目に表示され、売れている黒色Mサイズは5ページ目程度に表示されるが、黒色Sには検索に引っかからない状態まで陥った。

慌てて、カタログに対してDELETE処理を行い、親バリエーションを除いた形で再度変更を行いアップデートした所、今度はイヤーピースの検索語句に対して、この子が検索1ページ目で溢れてしまった。 しかも溢れた製品はランキング上位の黒色でなく、ランキング下位の製品たちであった。 このような光景は初め見た。

また、DELETE処理を行い、ファイル一括登録を行なっても、以下の2点の障害が発生した。

(1) 黒色Sサイズ: アマゾンFBA出荷にファイル上はなっているが、自社出荷になってしまう。

(2) 他3点ほど: アマゾン出荷であるが、出荷停止中になる。

テクニカルサポートに、ファイルにて正しくアマゾン出荷としているが、自社出荷になる理由を聞いたが、論理的にかけた説明を受けた。

「DELETE処理を行なっても、過去の履歴に紐づいてしまう可能性があります。」

「DELETE処理をすれば、一部の情報(SKUなど)を除いて、綺麗に削除が行われると聞いていますが?」 「以前の状態が引き継がれる場合、以前の状態とはAmazon FBAですけど。。」  

黒色 Sの障害が特にひどく、DELETE/UPDATEを3回行なったが、データと異なり、常に出品者出荷となる。 また、マニュアル操作でアマゾン出荷にしても切り替わらない。 テクニカルサポートに反映促進を行なっていただいても、反映されない。