GTM-MQFJ9H5
 

完全ワイヤレスイヤホンの新しい進化 |極速の充電時間|Yahoo Shoppingにて1万円以下にて販売

完全ワイヤレスイヤホンですが、目覚ましい技術進化が見られています。

進化 1: 充電時間に対する音楽再生時間

基本的には二つの要素があり、充電効率と消費電流となります。

Bluetooth 4.2からBluetooth5への移行により、通信に必要な消費電流は低下しました。また、同時に充電に対する技術も発達しました。

これらの複合的要素から、最新の完全ワイヤレスイヤホンは、10分程度の充電で2時間の再生が可能という劇的な進化がされております。

爆速の充電速度 | Jabees Beez | 完全ワイヤレスイヤホン

進化 2: 高音質な音楽をリアルタイムにて再生

音楽データをワイヤレス送信を行うには、通信量と速度に対する限界がありました。多くの音楽データが含まれてる程、音質は望ましくなります。 音楽データは画像等のデータ違いリアルタイムで流す必要があるので、ここで重要だったのがCODEC(圧縮)技術です。 CODECはスマホ側で圧縮され、イヤホン側のBluetoothチップで復元されます。 CODECは、データ通信の上限に対する問題を解消する為に発達した技術のため、データ通信の技術向上があり、音楽を綺麗な状態で聞くだけのデータ量が確保されれば、不要になります。

Bluetooth 5は、Bluetooth4と比較して、8倍のデータ量となります。 この通信の技術進化により、追加CODEC技術は不要な状態で、高音質な音楽再生が可能となりました。 また、高音質な状態でありながら、早い速度による遅延問題も解消されます。

Bluetooth5 | Jabees Beez | 完全ワイヤレスイヤホン

進化 3: マグネット式スイッチ技術

充電付ケースにマグネットがついております。 元々は充電時における接触不良を避けるために、磁力により固定する事が目的でした。 この磁力をスイッチ技術として活用が始まっております。

自動電源 ON/OFF | Jabees Beez | 完全ワイヤレスイヤホン