GTM-MQFJ9H5 完全ワイヤレスイヤホンの新しい進化 |極速の充電時間|Yahoo Shoppingにて1万円以下にて販売

完全ワイヤレスイヤホンの新しい進化 |極速の充電時間|Yahoo Shoppingにて1万円以下にて販売

August 24, 2018

完全ワイヤレスイヤホンですが、目覚ましい技術進化が見られています。

 

進化 1:  充電時間に対する音楽再生時間

基本的には二つの要素があり、充電効率と消費電流となります。

Bluetooth 4.2からBluetooth5への移行により、通信に必要な消費電流は低下しました。また、同時に充電に対する技術も発達しました。

 

これらの複合的要素から、最新の完全ワイヤレスイヤホンは、10分程度の充電で2時間の再生が可能という劇的な進化がされております。

 

進化 2:  高音質な音楽をリアルタイムにて再生

音楽データをワイヤレス送信を行うには、通信量と速度に対する限界がありました。多くの音楽データが含まれてる程、音質は望ましくなります。 音楽データは画像等のデータ違いリアルタイムで流す必要があるので、ここで重要だったのがCODEC(圧縮)技術です。 CODECはスマホ側で圧縮され、イヤホン側のBluetoothチップで復元されます。 CODECは、データ通信の上限に対する問題を解消する為に発達した技術のため、データ通信の技術向上があり、音楽を綺麗な状態で聞くだけのデータ量が確保されれば、不要になります。

 

Bluetooth 5は、Bluetooth4と比較して、8倍のデータ量となります。 この通信の技術進化により、追加CODEC技術は不要な状態で、高音質な音楽再生が可能となりました。 また、高音質な状態でありながら、早い速度による遅延問題も解消されます。

 

 

進化 3:  マグネット式スイッチ技術

充電付ケースにマグネットがついております。 元々は充電時における接触不良を避けるために、磁力により固定する事が目的でした。 この磁力をスイッチ技術として活用が始まっております。

 

進化 3:  自動ペアリング

完全ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンをペアリングする事で、シンクロ状態にします。このシンクロされた状態の片方(主に左側である1ch)とスマートフォンをペアリングする事で、スマートフォンから流れる音楽を両耳で聞く事が可能となります。 購入者の多くは、左右のイヤホンをペアリングする処理を行わず、各イヤホンとスマホをペアリングしようとされます。 Bluetoothではプロファイリングの干渉があるため、音楽は一つのイヤホンに対してしか送る事ができません。 そのため、購入後の多くの質問が「片耳しか聞こえない」となります。 一度片耳に設定されると片耳モードに入るため、両耳モードへの設定は、さらにワンステップ加わるため、設定できない方が多くおります。

 

最新の完全ワイヤレスイヤホンは、購入後に左右のペアリング設定がされていない場合は、電源ONの後に自動的にペアリングモードに入ります。 すぐにスマートフォンと接続せず、左右のペアリングが完了してから、スマートフォン側のBluetoothをオンにして、ペアリングを行う流れとなります。

 

 

進化 5:  様々な操作

完全ワイヤレスイヤホンは、最小・軽量を主目的として設計されております。 重く大きなイヤホンは落下する原因になります。 この小型化に対する弊害は、ボタンを配置する面積が小さいため、一つのボタンしか配置できません。 たった一つのボタンにて、電源、電話操作、音楽操作、音量操作、楽曲操作を行うのは至難でした。

最新型は、クリック、ダブルクリック、長押しというアクションを左右に切り分けることで可能としてます。

 

 

進化6: 音質

センスアビリティが完全ワイヤレスイヤホンを最初に販売hしたのは2016年となります。 当初はワイヤーがない状態で、音楽が聴ける程度の音質でした。 現在の音質は、ワイヤレスである事を忘れるほどに成長しております。

 

一万円以下で、Bluetooth5.0、極速の充電速度、様々なコントロール、高音質が揃いましたので、有線イヤホンの時代はいよいよ終焉に近づいているでしょう。

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

補聴器と集音器の違い|ヒアラブルやワイヤレス化とは

July 18, 2018

1/2
Please reload

最新記事