GTM-MQFJ9H5
 

Amazon A9アルゴリズム 攻略法はあるのか?

この情報の転用は禁止とします。

弊社もアマゾンにて販売していますが、キーワード検索すると上位ページは中国販売者によって占められてしまっています。 中国ではアマゾンのアルゴリズムを不正に操作して上位に押し上げるサービスが多数溢れており、日本の販売者は露出が勝てない問題に直面しております。 弊社も2017年より一気にAmazonにおける販売数は低下しました。 無理やりスポンサー広告を打つと、競合他社と思えるレビュー攻撃など、目立たせると攻撃にあう危険度が上がるという別問題も発生します。

打つ手がなしの状態から脱出するために、インターネットから調査した結果をまとめてみます。 弊社カタログは最適化されている訳ではないので、参考にしないでください。 また、これら手法は調査した結果となり、弊社では利用しておりません。

弊社では、Amazon内検索を高めて、売上増加を目指す行為をやめております。 このページのように有益となる情報発信を行い、GoogleやYahooにおけるSEO対策を行い、それによって製品を知っていただく事は出来ないか?という挑戦に切り替えております。

(以下は弊社取扱製品の広告です。)

A9 アルゴリズムとは: 検索エンジンのアルゴリズム。過去に作られた何百や何千ものクエリーが走っていると考えられ、顧客が購入を望むと考えられる結果を上位に表示する。アマゾンでは製品の販売を目的としているため、Googleの検索アルゴリズムとは異なる。アルゴリズムは非公開となるため、このページで紹介する内容を含めて、本当の姿を知り、攻略を行う事は不可能。

上記の不明である事を前提とした上で、以下の項目が関係すると考えられている。

1. 速度: 時間と販売数の関係。 同じ数量でも短時間で売れる方が、アルゴリズムは人気製品と考える可能性がある

2. 高品質画像: 製品のイメージ拡大ができる仕様である。 この仕様を満足させるには1000x1000が最低条件として推奨されている。

3. 詳細の製品説明: 製品の紹介が細かく描かれているほど、カタログとして良質と考えられる。

4. コンバージョンレート: ページを覗いた方が購入する確率が高いほど、良いカタログと判断すると思われる。

5. 十分な在庫: アルゴリズムに含まれていると言う説はあるが、不明。 純粋に在庫切れはランキングが下がるので、含める必要もないと想定

6. 複数のイメージ: カタログは1ページの写真だけで作成できるが、追加で様々な写真も追加可能となっている。 多くの画像があった方が、購入者には望ましいカタログと考えられる。