GTM-MQFJ9H5

Amazon A9アルゴリズム 攻略法はあるのか?

この情報の転用は禁止とします。

弊社もアマゾンにて販売していますが、キーワード検索すると上位ページは中国販売者によって占められてしまっています。 中国ではアマゾンのアルゴリズムを不正に操作して上位に押し上げるサービスが多数溢れており、日本の販売者は露出が勝てない問題に直面しております。 弊社も2017年より一気にAmazonにおける販売数は低下しました。 無理やりスポンサー広告を打つと、競合他社と思えるレビュー攻撃など、目立たせると攻撃にあう危険度が上がるという別問題も発生します。

打つ手がなしの状態から脱出するために、インターネットから調査した結果をまとめてみます。 弊社カタログは最適化されている訳ではないので、参考にしないでください。 また、これら手法は調査した結果となり、弊社では利用しておりません。

弊社では、Amazon内検索を高めて、売上増加を目指す行為をやめております。 このページのように有益となる情報発信を行い、GoogleやYahooにおけるSEO対策を行い、それによって製品を知っていただく事は出来ないか?という挑戦に切り替えております。

(以下は弊社取扱製品の広告です。)

A9 アルゴリズムとは: 検索エンジンのアルゴリズム。過去に作られた何百や何千ものクエリーが走っていると考えられ、顧客が購入を望むと考えられる結果を上位に表示する。アマゾンでは製品の販売を目的としているため、Googleの検索アルゴリズムとは異なる。アルゴリズムは非公開となるため、このページで紹介する内容を含めて、本当の姿を知り、攻略を行う事は不可能。

上記の不明である事を前提とした上で、以下の項目が関係すると考えられている。

1. 速度: 時間と販売数の関係。 同じ数量でも短時間で売れる方が、アルゴリズムは人気製品と考える可能性がある

2. 高品質画像: 製品のイメージ拡大ができる仕様である。 この仕様を満足させるには1000x1000が最低条件として推奨されている。

3. 詳細の製品説明: 製品の紹介が細かく描かれているほど、カタログとして良質と考えられる。

4. コンバージョンレート: ページを覗いた方が購入する確率が高いほど、良いカタログと判断すると思われる。

5. 十分な在庫: アルゴリズムに含まれていると言う説はあるが、不明。 純粋に在庫切れはランキングが下がるので、含める必要もないと想定

6. 複数のイメージ: カタログは1ページの写真だけで作成できるが、追加で様々な写真も追加可能となっている。 多くの画像があった方が、購入者には望ましいカタログと考えられる。

7. レビュー: 現在の問題点となる。 アマゾンでの発表では不正レビューは全体の1%以下と報告されている。 しかし、現在の84%のレビューは不正であると伝えている記事も存在する。 レビューグレードは過去には関係していると言われていたが、関係性が低くなっている可能性が高い。 

8:製品タイトル: ブランド、製品名、梱包数、材質、製品の属性、色などから構成される。 他検索アルゴリズムのように、望ましい文字数が存在すると思われる。

悪質業者の操作疑惑とは

1. スーパーリンク手法

外部ページからリンクを飛ばして、アマゾンでの購入を行う方法。この時にリンク内にてキーワードを加える事で、そのキーワードの関連性を高めると言われていた。

弊社取扱の上記製品を例にしたリンクで表すと以下となる。

完全ワイヤレスイヤホン-BT5-0-自動ペアリング-極速の充電/dp/B07F6Q8SBJ/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1537006176&sr=8-1&keywords=Jabees+Beez

これが、Keywordsの後となるJabees と Beezと言う検索ワードがかかったリンクの例となる。 このキーワードを何度も叩くと、JabeesとBeezの言葉の関係性が強まると言われていた。 これは、QIDというタイムスタンプをAmazonが追加して、防御を行い今は使えなくなったと考えられる過去の手法と言われている。 海外にてテストを行った方の情報では、ペナルティが発生したと伝えられていた。 問題は、このペナルティを競合他社のカタログに仕掛ける者が生まれたようで、弊社の一部のカタログにも変な動きが見られ、攻撃を受けている最中では?としてテクサポに相談を何度か行ったことがある。 現在は、このペナルティも無くなったようで、攻撃を受けることも無くなった。

2. レビュー作成用口座を用意した売買サイト

過去にFacebookなどでレビュー募集が多くあったが、これにかかるコストが問題となるようだ。 アマゾン購入アカウントは簡単に作成できるため、レビュー作成用として多くの購入口座を作り、レビューを販売すると考えれれるソリューションサービスが中国で出現。 この場合、レビューの履歴が利用者となる。 FakeSpotやReview Mataなどの分析サイトの出現によって、これらで作成されたレビュー品質はFグレードとなっていた。最近の問題は、FakeSpotやReviewMetaが攻略されたようで、今までグレードFの信頼性のカタログを調査するとグレードAに変化している。 この手法は悪質業者のカタログとレビューで紐ずくため、利用は危険である。 

3. ランキングや表示順位の不正操作

不審な動きが見られるカタログが存在しており、SEOの鉄則から外れた動きをだすカタログが増えている。 中国に存在する不正サービスを見ると、このような不正操作を行うサービスが存在しているため、これらの利用かと推測できる。 このような不正操作を行われると、スポンサー広告に費用を費やし、売り上げを伸ばすことで上位に表示させた努力が水の泡となってしまう。 Amazonにてプロモーション広告費用をかける行為が無駄になる。 このようなサービスに対し、Amazon米国にて民事裁判にかけており、今後も撲滅を行って頂くことに期待したい。

3. A9アルゴリズムの穴を狙う手法

テストを行ったところ、この手法は現在利用可能と考えられる。 悪用する方を防ぐため、方法は割愛させて頂きます。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ABOUT US

ELELL製品 正規販売店

New Bee製品 正規販売店

Jabees製品 正規販売店

センスアビリティ株式会社

東京都中央区銀座7丁目13番6号

JAPAN | 日本

電話: 03-6260-8784

Email: netsales@snsability.com

FACEBOOKにてお気軽にご連絡下さい。

センスアビリティ全般

https://www.facebook.com/SenseAbilityInfo/

ELELLへのメッセージ

https://www.facebook.com/elell.jp

F811へのメッセージ

https://www.facebook.com/F811-Mobile-Battery-1833299980224639/

NEW RELEASES

2018年10月New Bee イヤーピース

2018年9月 Jabees Beez

2018年9月 Jabees Besbuds

2017年12月 

Jabees Qi給電付デスクライト

Jabees B-Link ワイヤレストランスミッター

SA 宙に浮くスピーカーフラッシュLED

2017年6月

Jabees BTwins販売開始

2017年5月

Jabees Sheild販売開始

Jabees AMPSoud販売開始

2017年4月

メモリーフォームイヤーチップ販売開始

2017年2月

新型WB-46 宙に浮くスピーカー販売開始

2017年1月

New Bee Type Cイヤホン 販売開始

New Bee ライトイングイヤホンはCES 2017発表を決定しました。

K2完全ワイヤレスイヤホンは、12月20日前後に再入荷予定となります。

​宙に浮くスピーカーは、12月20日前後を目処に再入荷予定となります。

Dairleライトニングイヤホンは、12月22日前後にリリース予定となります。

© 2016 BY SENSEABILITY CORPORATION