GTM-MQFJ9H5
 

補聴器と集音器の違い|ヒアラブルやワイヤレス化とは


はじめに

現在、雑音が多く、増音が乏しい粗悪製品が多く販売されており、健康被害を受ける方が過半数を占めている結果が報告され、世界的問題に上がっております。米国科学アカデミー、世界保健機構、FDAなのによって2017年7月にトランプ大統領はFDA Reauthorization Act 2017に合意し、米国では法改正に向かい、この補聴器具問題に取り組んでいます。

FDAの法的制定に対する意見書が、2018年1月に提出されてますので、これが今後の補聴器や集音器を理解する上で、重要な書類の一つになると想定してます。

日本国内でも、平成19年9月6日に独立行政法人国民生活センターから説明資料が公開されております。

ターゲット利用者の違い

補聴器と集音器はターゲットとする利用者が異なります。

利用者ターゲットが異なるとは、利用目的も異なります。 製品開発時のコンセプトも異なります。

補聴器と集音器の製品目的の違い

Jabees AMPSound(ジャビーズアンプサウンド) ワイヤレスヒアラブル集音器 集音機能付きワイヤレスイヤホン

集音器具とは、耳が遠いと感じる軽度から中度の患いを持つ方を対象にしており、従来通りに音を楽しみ、他機能による利便性や、快適な利用を中心に製品が作られている。 全体的に需要が多いため、低価格な製品が販売される。

一方、補聴器とは、重度もしくは特殊な患いを持つ方を対象にしており、聴く事を重要しされる。 また、長時間利用が必要なため、電池のサイズと重さがネックになり、そのマイナス点として他機能などの他の技術搭載するスペース確保が難しい。

集音器と補聴器選択は、利用者の状態と目的が異なっているので、優越がある訳ではありません。

価格の違い

2015年6月30日、米国科学アカデミーのページにて、Institute of Medicine Committee on Accessible and Affordable Hearing Health Care for Adultsによる発表では、需要供給による背景が発表されました。