GTM-MQFJ9H5 シームレス ロスレス ライトニングイヤホン

Seamless Lossless Earphone

シームレスロスレスイヤホン

音の感動が直接伝わる

ロスレス ライトニングイヤホン

ジャック廃止を英断と言い放った真相

シームレスロスレス型ライトニングイヤホン発動!

New Bee NB-L1 ロスレス ライトニングイヤホン ハイレゾ対応
Dairle ME-008 ロスレス ライトニングイヤホン ハイレゾ対応

USB Type C型ロスレスイヤホンはこちら

 Macbook Pro, Xperia XZ, Nexusなど

New Bee NB-T1 ロスレス Type C イヤホン ハイレゾ対応
 

iPhoneiPadにて最高の音楽を聴くための問題点、及び解消法

音源進化とユーザーのギャップ

​音源はデジタル化と圧縮技術向上により、確実に進化されております。しかし、ユーザーはアナログ時代のジャック端子イヤホンを利用しており、進化された音源が伝わっていない状況となっておりました。これは、モバイル機器端子技術とイヤホン技術が今まで不在だった事が背景となります。

2016年よりType C端子搭載のPCやスマートフォン,

iPhone 7によるジャック端子廃止、USB-C端子向け(2016年前半)とライトニング端子向け(2016年後半)のロスレス型イヤホン技術がリリースされた事で、ユーザーがようやく進化されたデジタル音源を楽しむ環境が設備されました。

現時点(24bit/48KHz)でも既にデータ量は7倍(※)も違うと言われており、今後さらに開きが出てくると考えらえております。

(※)ブラックボックス部があるため、背景となるデータ入手ができずにおります。参考程度の目安として下さい。

 

デジタルは点であり、点との距離が狭い程、線に近づきます。理想的な音とは、線に限りなく近い状態を指します。16bit/44.1KHz, 24bit/48KHz, 24bit/96KHz等の表現は、線にどの程度まで近づいているかを示しております。

!!!注意!!!上記図は簡易な一般解釈用として全体像を表現したイメージ図となります。実際には、人が聴くことができる20Hzから20KHzに対してロスを無くすことが目的となり、”Nyquist sampling theorem”の基礎理解の上で、デジタル/アナログ変換時の浮遊小数点、Sample Rate Conversion,アナログ端子によるロス、進化された圧縮技術によるBit Rateの向上等を複合的要素を含める必要があり、全ての要素を1枚の図による説明は非常に困難となり、出来ずにおります。ジャックには5Vがありますが、一般的にマイク用電源として使用される背景から、無しと記述しております。ライトニング端子からアナログで出力する方法があるため、全てのライトイングイヤホンが24bit/48KHzのデジタルとは限りません。また、同時入出力を行うと故障に繋がる危険性があるサードパーティ製端子が存在しております。 ロスレス方式は同時入出力が可能なデジタルとなり, MFi認証にて安全性等が保証されております。(イヤホンによる同時入出力は、通話利用(出力=相手の声、入力=自分の声)が主な利用方法となります。)

近年、並行輸入品に、日本国内にもMFi認証取得を偽った製品も増加しております。不安な場合は、PPID(MFi取得時に必要となるプロジェクトID番号)による確認方法などがあります。

 

DACとは(概略):

DACはデジタル/アナログ変換を行う技術となります。DACは単に変換するだけでなく、

より良い音を作り出す為に進化を続けている技術です。このDACにてコンバージョンされた音がアンプで増幅します。すなわち、DACからの情報が良くないと、増幅しても悪い状態のままとなります。そのため、従来のイヤホンは、DAC性能が最も重要な項目になります。常に進化されているDAC技術ですが、失われた部分を回復するには限界値が存在します。

ロスレスとは:

ロスレスとはほとんど欠損のない状態となり、ロスレスオーディオのコンセプトに基づいて多岐に渡る技術進化が続けられています

ロスレスオーディオのコンセプト:

下限20Hzから上限最大20KHzが人間の可聴域は言われており、この可聴域内で精密な音をユーザーに伝える事が目的となります。(注:ハイレゾ対応イヤホンの定義とは異なります。)Nyquist – Shannonセオリーに基づきDACに入れる前のデジタル音源は40KHz以上が最低限必要となり、現時点では24bit/48KHzか24bit/96KHzのどちらかとなります。一回でもダウンスケールされると元には戻らない事から、マスターファイルとなるデジタル音源をそのまま維持する事が需要です。そのためには、様々な技術とその汎用性が横断的に必要となります。

ロスレス圧縮:

ファイルサイズの小型化必要となるため、圧縮技術が必要となります。第一段階となるロスレス圧縮技術は進化され、一般的になりました。 しかし、音源ファイルをロスレスにしたところで、機器内のDACで変換されたアナログ音限をジャック端子で渡す従来方式では、ユーザーは恩恵を受けないという根本的な問題がありました。

ロスレスオーディオにおける再生技術:

機器内のDACを外に出し(イヤホンに持たせ)、デジタル音源となるマスターファイルをダウンスケールせず、欠損の少ない状態を維持する事で、ユーザーがロスレスオーディオの恩恵を得られると考えられています。 ロスレス音楽技術は各企業別の機密情報となり、詳しい情報は入手できません。

ロスレス再生イヤホンの流れ:

2016年前半からジャック端子を排除しUSB Type Cのみ搭載のスマートフォンのリリースが始まっています。(CDLA方式) Apple社においては、2016年9月にジャック端子を排除したiPhone 7のリリースが行われました。同時期に、OEMを主ビジネスとしているイヤホン製造工場中心にロスレス音源を扱えるモジュール(LAM)もリリースしました。これにより、ようやくユーザーは手頃な価格帯にてロスレス音楽を楽しむ下地が出来あがったと言えます。今後のデジタル端子採用機器増加により、マーケットの普及が加速されるとと考えられています。

ロスレス型ライトニングイヤホンとは:2016年10月以降の新技術

音源をそのままDACに渡すため、イヤホンとディバイスはプロトコルによる通信が必要となります。従来のイヤホンは、通信が行われないので、全く異なる最新技術となります。

他利点:クリアなマイク機能搭載

この最新技術により、従来の端子では困難であった同時入出力も可能になりました。 マイクは入力となるため、従来のライトニングイヤホンでの対応は困難でした。しかし、ロスレス型イヤホンでは、非常にクリアな音声で会話が可能にもなっております。

本当のハイレゾ音を聴く

​最新型ロスレスイヤホン

Apple社の部品が2点と最高性能DACの搭載が必要となる背景で、MFi認証ロスレス型イヤホンは従来技術による音質は既に超えたレベルとなります。この技術を無駄にならないように、高性能アンプも搭載されております。 従来品はDAC性能(コンバージョン前の音の状態)がイヤホンの選択に重要となっておりましたが、これからのロスレスイヤホンにおける重要選択項目はヘッド部分となります。

New Bee

Dairle

New Bee NB-L1 シームレス ロスレス ハイレゾ ライトニング イヤホン
Dairle ME-008 NB-L1 シームレス ロスレス ハイレゾ ライトニング イヤホン
スピーカー技術
ムービングコイル型
アクティブスピーカー
ムービングコイル型
アクティブスピーカー
スピーカーサイズ
10mm
10mm
ヘッド素材
アルミニウム
ABS
ライトニング端子
Apple社型番:C68E
Apple社型番:C68E
搭載
Apple社LAM
Lightning Audio Module
搭載
方式
Apple社独自ロスレス方式(ブラックボックス)
Apple社独自ロスレス方式(ブラックボックス)​
DAC(※)
最大192KHz/24bit対応
最大192KHz/24bit対応
ファームウェア
アップデート
App Storeから
New Beeを検索
App Store
Dailreを検索
アプリの言語
英語
日本語
ユーザーマニュアル
多国語版(日本語を含む)
日本語版(英語を含む)
PPID (MFi認証時のID)
223609−0124
224002-0005
主なターゲット
米国及び欧州
(米国の人気が強い)
米国及び欧州
(欧州の人気が強い)
ロスレス型ライトニングイヤホンは、DACの前にiOSとLAMにて調整されるため、音楽ソースとしての最大サンプルはiOS10では48KHz/24bitとなり、パッケージでも48KHz/24bitと記載しております。
Amazon購入サイト
Amazon購入サイト
感動したいならロスレス

ご購入者様のリビュー

Apple, iPhoneは、米国および他の国々で登録された商標です。

IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

ABOUT US

ELELL製品 正規販売店

New Bee製品 正規販売店

Jabees製品 正規販売店

センスアビリティ株式会社

東京都中央区銀座7丁目13番6号

JAPAN | 日本

電話: 03-6260-8784

Email: netsales@snsability.com

FACEBOOKにてお気軽にご連絡下さい。

センスアビリティ全般

https://www.facebook.com/SenseAbilityInfo/

ELELLへのメッセージ

https://www.facebook.com/elell.jp

F811へのメッセージ

https://www.facebook.com/F811-Mobile-Battery-1833299980224639/

NEW RELEASES

2018年10月New Bee イヤーピース

2018年9月 Jabees Beez

2018年9月 Jabees Besbuds

2017年12月 

Jabees Qi給電付デスクライト

Jabees B-Link ワイヤレストランスミッター

SA 宙に浮くスピーカーフラッシュLED

2017年6月

Jabees BTwins販売開始

2017年5月

Jabees Sheild販売開始

Jabees AMPSoud販売開始

2017年4月

メモリーフォームイヤーチップ販売開始

2017年2月

新型WB-46 宙に浮くスピーカー販売開始

2017年1月

New Bee Type Cイヤホン 販売開始

New Bee ライトイングイヤホンはCES 2017発表を決定しました。

K2完全ワイヤレスイヤホンは、12月20日前後に再入荷予定となります。

​宙に浮くスピーカーは、12月20日前後を目処に再入荷予定となります。

Dairleライトニングイヤホンは、12月22日前後にリリース予定となります。

© 2016 BY SENSEABILITY CORPORATION