GTM-MQFJ9H5

July 18, 2018

集音器と補聴器選択は、利用者の状態によって異なり、優越がある訳ではない。 集音器の問題は、仕様に対して法的な開示義務がない事で、健康を煩わせる廉価で粗悪な製品が溢れている事が問題となる。 推奨する集音器とは、ノイズレベル (EIN) が公表されており、このEINの値が低いほど雑音が少ない。 ノイズレベルが公表されていない機器、もしくは28-30dB以上となる場合は、様々な専門家が健康被害を悪化させて販売されるべきでないとされている。 これが米国では法改正に向かっているが、日本は法令の義務化が進んでいないため、自己判断能力をつける事が...

July 6, 2018

技術理解を行うことで、悪質なカタログから身を守る事が可能かと思います。 イヤホンやヘッドホンにてノイズキャンセレーションを前だしされたマーケティングが目立ちます。 この目線から、カタログに騙される事は防げるかもしれません。

Please reload

特集記事

補聴器と集音器の違い|ヒアラブルやワイヤレス化とは

July 18, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square