GTM-MQFJ9H5 最新 集音機能付きワイヤレスイヤホン| 日本 | センスアビリティ

補聴器/集音器とワイヤレスイヤホンが一体に?

Jabees AMPSound (ジャビーズアンプサウンド)

補聴機能/通話機能/音楽再生の3in1

​※ Jabees社は国別のMSRP(推奨リスト価格)とMAP(最低広告価格)が定められております。

当製品における推奨リスト価格は29800円となります。通販によるコストカットから最低広告価格にて販売中です。

​※非推奨機種は、ページ下部に記載しております。ご購入前にご確認下さい。

センスアビリティが考える補聴器や集音器の問題はこちらのブログ記事となります

現在、通信販売における海外業者増加の問題で、粗悪な製品が増加しておりますので、ご注意ください。

Jabees AMPSoundは3in1の集音搭載ワイヤレスイヤホンとなります。集音機能とBluetoothを使い分けます。SSPL=125dB±3dB, Ave Full-on Gain = 58dB±5dBとなり, 100dB以下の軽度〜中度レベルの集音必要者が対象となります。EIN≦18dBとなり、これは2016年ANSI統計での標準20.3dBを下回る低ノイズの高性能集音機能となります。集音器や補聴器のアンプ技術は、大きさは異なりますが、ノイズは必ず発生します。AMPSoundはBluetooth接続を行えますので、スマートフォンやテレビには集音機能を使わずに、Bluetooth接続を行うことで、ノイズからは解放できます。

(※Bluetoothがついていない場合は、別機械のブルートゥーストランスミッターをつけると可能となります。)

Indigogoクラウドファンディング(米)による資金調達により開発された新タイプのイヤホン。米国の様々なメディアに取り上げられている製品です。 医師による診断が不要となる軽度から中度な補聴が必要な方向けとなり、重度、感音性難聴などの特殊な方には非対象製品です。

 

初めて補聴器や集音器をご使用される方:周囲に換気扇、掃除機、洗濯機、車内といった機械からのノイズが発している場合がございます。補聴器や集音器のノイズは類似した周波数帯となるため、ノイズが気になる場合は周囲の音の状態をお確かめ下さい。

人目が気にならない

ワイヤレスイヤホン

人の声だけでなく、低音から高音まで

籠りのないクリアな音

​注意:サーという音と装着状態により衣服に擦れる音が多少入ります。

処方箋不要なワイヤレスイヤホン

集音機能

Jabees AMPSound | ジャビーズアンプサウンド|センスアビリティ 補聴器 集音器 イヤホン

長押しで「入」/ 2回連続押しで「切」

簡単操作の集音機能

アンプ搭載による

最大100dBの補聴可能

※最大出力は125dB

未使用時は首回りに装着可能

マグネット

着信/終話切り替え機能としても

スマホや様々な機器に接続

Bluetooth4.1

最高音質レベルの音楽再生

APT-X対応

(AAC, MP3,SBCのデコードも搭載)

ドイツ製最高級バッテリー

長時間利用

50mAhx2の交換可能な

バッテリー搭載

予備バッテリーがあれば、電池切れの問題から解消されます。

3000mAhの電池容量

充電機能付ケース

付属電池以外にスマホへの充電も可能です。

音量アップ

音量ダウン

簡単カスタマイズ

左右の音量調整

※ゆっくりと優しく回してください。引っかかりを感じる地点が上限や下限となります。 力を入れすぎてそれ以上回してしまうと、故障の原因となります。 両側が均一の方は、調整は不要となります。

耳サイズに合わせる

アクセサリー

(

夏場や運動の防滴保護

IPX4

動画説明

日本語説明書

ご購入者様からの声を一部紹介させていただきます。

推奨する利用方法

はじめに:聴覚へのダメージを理解する

世界中の政府機関の文献や医療用テキストによると、「音x時間=耳へのダメージ」となり、1日の許容時間のガイドラインは左図となります。このガイドラインを理解し、その上で自己管理を行う事を推奨します。WHO資料を含めた多くの医学資料では、健常者のイヤホンやヘッドホン利用を含めた健康管理に、音量は80dB以下を推奨しております。聴覚補助が必要な方の補聴器具利用は、特に注意が必要となります。 弊社では軽度から中度の煩いを持つ方には、補聴器具は常時利用でなく、都度利用が望ましいと考えております。

※ 通常の会話が65dB-75dB, 混雑した道は75-85dB、大渋滞は85dB程度となります。90dBはフォークリフトトラック等となり、オートバイは100dBの音量を発します。

ダメージを負わない為に:音量は必要最小限に

梱包物

別途販売品(ウレタン製)

遮音性(密封状態)を高める

周囲の騒音レベルにより、自然とイヤホンの音量も上げてしまいます。

イヤーピースを軽視される方が多いですが、実は非常に重要なパーツである事をご理解下さい。必ず、自分の耳にあった形状とサイズを選び、最も快適で遮音性が高いものを選択します。

Jabees AMPSoundには、様々なイヤーピースが同梱されております。

別途販売ですが、形状記憶型イヤーピースへの交換等、ご自身に最もあったカスタマイズも推奨します。遮音を高める→音量低下→負担軽減となります。

また、片耳使用は、もう片方から周囲の騒音が入るため、両耳での装着を強く推奨します。

聴力は回復が難しいと言われています。

低いノイズレベルで、耳への日々のダメージを軽減しましょう。

補聴器や集音器で使用するアンプ技術には、ノイズは必ず発生します。30dB以上のEINは、聴覚にダメージを与える危険性があるとされ、推奨されておりません。現実は、上記のように雑音が高い機器が販売されています。 表示義務の法令化を求めるFDAにて、裏付けとなる発表データにはメーカー名とモデル名を含めたベンチマークテストが公表されました。また、米国調査では、67%〜86%の補聴器具利用者が健康に被害を受けていると発表。 25%の必要な方が補聴器具使用を拒むとのデータも問題視されています。補聴が必要な方が補聴器具を利用しないと、認知力低下、うつ病、痴呆症といった別問題のリスクが指摘されています。WHOを含めて国際的な社会問題になっています。 この社会問題に解決に向け、FDAがノイズレベル(EIN)を含めた情報公開義務の法令化  (FDA Reauthorization Act of 2017)  に動いております。日本もノイズレベル(EIN)の公表は義務化されていない問題があります。 法令による表示義務が整っていない為、WHOやFDAはEIN値の公表は企業モラルに託しておりますが、浸透されていないのが問題となります。

2016年度のANSIの機種別データの補聴/集音器は17dBから24.3dBが(統計学の)範囲とされております。某米国大学の独自判断によるマーケット知名度から集められた製品は、ANSIの範囲より高いノイズレベルになっています。AMPSound もノイズは発生しますが、EIN≦18dBと低い値です。ノイズフリーを求める場合は、異なる技術にする必要があります。 テレビや携帯電話には、Bluetooth通信に切り替え、煩わしいノイズから解放される新しいスタイルとなります。(注:上記データは米国政府関連データから作成し、時系列のズレもある事から、ご参考程度とさせていただきます。また、EINも周波数帯などに関係するため、一つの指標にしか過ぎません。)

最もクリアな状態にする:技術選択

テレビ視聴:ブルートゥース接続

クリアな状態を維持できます。

テレビ視聴は、時間が長くなりがちです。

補聴器や集音機能で視聴は可能ですが、耳に入る音量が大きくなりがちです。また、アンプ技術が使用される補聴器具のノイズは、換気扇や掃除機などから発する機械の騒音と類似する問題があり、低音のノイズが増幅してしまいます。

※ブルートゥース非対応テレビには、「ブルートゥーストンランスミッター(別製品)」をイヤホン端子に接続する事で可能となります。

通話:ブルートゥース接続

クリアな状態を維持できます。

通話は、スマートフォンとブルートゥース接続を行い、マイクは物理的に口元に近づけます。

周囲の騒音量に合わせて、イヤホン側音量を変更し、最低限に下げる事を推奨します。

電話で聞こえないと、自然に相手にも大声で話す傾向があります。きちんと自分の耳に聞こえる音量で相手と話す事が重要です。

会話:集音機能

補聴/集音器のアンプノイズは発生します。

会話などは、従来通りの集音機能を使用し、周囲の騒音レベルに調整した最低限の音量にに調整します。

周囲の騒音レベルが非常に高い場合は、使用する・しない等の自己判断及び自己管理を推奨します。

Jabees AMPSoundはボタン一つでオン・オフが可能となりますので、不必要時の使用は控える事を推奨します。

(従来と同じくアンプノイズは発生しますが、EIN≦18dBの低いノイズとなります。) 

別売りトランスミッターにつなげる (動画説明)

テレビからの音をさらに快適に

【B-Linkの紹介ページはこちらをクリック】

補聴器や集音器の技術が非推奨な環境とは

音を増幅するアンプ技術ですが、欠点はノイズの発生です。補聴機能のアンプ技術で発するノイズと類似する機械音が周囲で発生している環境では、共鳴して高まる物理的な問題があります。 

例として、飛行機、電車、バス、車内などの乗り物から発するノイズ。 家の中では、換気扇や掃除機などのノイズ音があげられます。

外界と内部の共鳴によるノイズ増は、物理的問題となり、製品性能とは異なります。

共鳴によってノイズ音が高くなる環境で使用すると、音量を上げてしまい、ノイズも余計に共鳴し、耳への負担も増加してしまいます。 

場所によって使用を控える事を推奨しております。

​Bluetooth機能がテレビにない場合

AMPSoundとB-Linkの組み合わせ

AMPSound​は、Bluetooth4.1となる24Mbpsの通信速度とaptXコーデック技術が搭載されております。 テレビにBluetooth機能がない場合、ブルートゥーストランスミッターにて接続が可能です。 AMPSoundの音と映像と音の遅延防止には、B-Linkをテレビのイヤホン端子に接続する事を推奨します。この状態では、冷暖房器具、換気扇、掃除機といった生活電化製品からの響音に邪魔されなくなります。

耳に休息を与える:ダメージを負った場合

休息必要時間:最大16時間

”Text Book of Occupational Medicine Practice

(著:J. Jayaratnam, David Koh)では、多くの

ダメージは16時間以内に回復されると記述しております。 耳のダメージ回復には時間が要する事をご理解下さい。

耳にダメージを与えたと感じた場合、その日はできる限りの休息を与えてください。

休息には耳栓による遮音も効果的とされております。

AMPSound​の補足

電源オンはスマホとBluetooth常時接続

AMPSoundは、近年の携帯電話やスマホ事情​を前提とした特殊型ワイヤレスイヤホンとなり、従来の補聴器・集音器のコンセプトとは異なります。

​電源オンの状態では、いつでも電話に出れる様に、常時Bluetooth接続を前提に製品設計されており、10分間未接続が続くと自動オフになります。

携帯電話やスマホを常時持ち歩かない方には、AMPSoundはオーバースペックとなります。

自動受話/終話機能

マグネットが繋がっている状態で、着信を受けた場合、外す事で通話開始となります。再度マグネットで留めると、終話に切り変わります。

​操作ミスの無いようにお気を付けください。

充電機能付き収納ケース

ご購入後の利用者から好評となる充電機能付き収納ケース。 AMPSoundの電池を最大21サイクルの充電が可能となります。

本来の目的とは異なる付属機能ですが、モバイルバッテリーにもなります。つい忘れてしまうスマホの電池切れ。AMPSoundを一緒に持ち歩いていたので、非常に役に立ったとの声が多く寄せられています。

日本国における技術適合番号について

Jabees AmpSoundの技術適合番号は

204-820026となり、センスアビリティ株式会社が保有者となります。

 

当製品の仕様

My Hip Event, MM/DD/YY

​集音機能とブルートゥースイヤホンのスペック

対応機種:iPhone, Android,Bluetoothトランスミッター等、殆どのBluetooth対応​機器にて使用可能となります。

非推奨製品:ギャラクシー S6 Edge/S7 Edge

理由:上記二機種は、Bluetoothイヤホン接続で様々な問題が上がっております。Bluetoothアンテナにおける設計の脆弱性も指摘される声も上がっております。ご購入者によって異なる障害内容なり、サポートが困難でトラブルの元になる事から、非推奨機器とさせて頂きます。Galaxy S8は、S6/S7と比較して向上が見られておりますが、ファームウェアバージョンによってBluetoothイヤホン接続に障害が発生するケースも報告されておりますので、ご注意下さい。また、Bluetoothトランスミッターですが、低品質な製品が市場に増加しており、類似した問題が発生しております。勝手ながらJabees B-Linkもしくは信頼性の高いメーカーの製品を推奨させて頂きます。

​購入はこちら

Jabees AMPSound【ジャビーズアンプサウンド】シルバー

¥29,800通常価格¥19,800セール価格

Jabees AMPSound 【ジャビーズアンプサウンド】レッド

¥29,800通常価格¥19,800セール価格

Jabees AMPSound用予備電池

¥4,500価格

B-Link ワイヤレストランスミッター

¥5,800価格

補聴器と集音器の違い|ヒアラブルやワイヤレス化とは

July 18, 2018

1/2
Please reload

相互広告枠

ABOUT US

ELELL製品 正規販売店

New Bee製品 正規販売店

Jabees製品 正規販売店

センスアビリティ株式会社

東京都中央区銀座7丁目13番6号

JAPAN | 日本

電話: 03-6260-8784

Email: netsales@snsability.com

FACEBOOKにてお気軽にご連絡下さい。

センスアビリティ全般

https://www.facebook.com/SenseAbilityInfo/

ELELLへのメッセージ

https://www.facebook.com/elell.jp

F811へのメッセージ

https://www.facebook.com/F811-Mobile-Battery-1833299980224639/

NEW RELEASES

2018年10月New Bee イヤーピース

2018年9月 Jabees Beez

2018年9月 Jabees Besbuds

2017年12月 

Jabees Qi給電付デスクライト

Jabees B-Link ワイヤレストランスミッター

SA 宙に浮くスピーカーフラッシュLED

2017年6月

Jabees BTwins販売開始

2017年5月

Jabees Sheild販売開始

Jabees AMPSoud販売開始

2017年4月

メモリーフォームイヤーチップ販売開始

2017年2月

新型WB-46 宙に浮くスピーカー販売開始

2017年1月

New Bee Type Cイヤホン 販売開始

New Bee ライトイングイヤホンはCES 2017発表を決定しました。

K2完全ワイヤレスイヤホンは、12月20日前後に再入荷予定となります。

​宙に浮くスピーカーは、12月20日前後を目処に再入荷予定となります。

Dairleライトニングイヤホンは、12月22日前後にリリース予定となります。

© 2016 BY SENSEABILITY CORPORATION